Loading...
mainvisual_common_wid1400

協会沿革

大正14年
(1925年)
組合員37店舗により、GSK前身の銀座衛生協会が発足。
昭和4年
(1929年)
銀座衛生協会より築地署管内特殊飲食業組合(組合員150店舗)
昭和10年
(1935年)
東京全市の組合組織強化のため大東京特殊江飲食店業組合連合会
昭和19年
(1944年)
警視庁の「決戦非常措置要綱」の発令により「築地署管内特殊飲食業組合」活動休止
昭和20年
(1945年)
戦後の物資不足で、休業が続き組合員も12店舗に激減する
昭和21年
(1946年)
築地署管内特殊飲食業組合より銀座社交喫茶組合に改称(組合員47店舗)
昭和24年
(1949年)
銀座社交喫茶組合より銀座ソシアルサロン組合に改称(組合員320店舗)
昭和30年
(1955年)
遊興飲食税の改正・撤廃を目指し、銀座ソシアルサロン組合・東京社交喫茶連合会・東京キャバレー協会により、榎本明三会長・加藤幸三郎理事長のもと、東京観光社交業連合会(東観連)を結成、続いて全国観光社交業連盟(全観連)を結成する
昭和35年
(1960年)
銀座ソシアル組合より、銀座観光社交事業組合(G.S.K.)に改称
昭和52年
(1977年)
銀座観光社交事業組合より銀座社交料飲協会に改称
平成22年
(2010年)
銀座社交料飲協会が一般社団法人となる

歴代会長

初代 前山 三郎(1925年〜1927年)
2代目 岡本 正二(1927年〜1929年)
3代目 久岡 松楠(1929年〜1931年)
4代目 武井 定光(1931年〜1934年)
5代目 林 貞吉(1934年〜1935年)
6代目 武井 定光(1935年〜1937年)
7代目 佐藤 甚吾(1937年〜1939年)
8代目 山下 茂(1939年〜1941年)
9代目 星原 重男(1941年〜1944年)
10代目 大住 米太郎(1947年〜1949年)
11代目 榎本 明三(1949年〜1966年)
12代目 加藤 幸三郎(1966年〜1978年)
13代目 毛利 喜八(1978年〜1992年)
14代目 藤吉 春吉(1992年〜2001年)
15代目 石田 魁(2001年〜2003年)
16代目 三浦 辰彦(2003年〜2007年)
17代目 澤木 義平(2007年〜