お知らせ

  1. トップ
  2. お知らせ

緊急事態宣言発令に伴う対応について

2021年1月8日

会員各位

一般社団法人銀座社交料飲協会
会長 保志 雄一

「緊急事態宣言」発令に伴う対応について

平素よりGSK協会活動にご協力いただきまして誠にありがとうございます。
1月7日、菅首相から新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る緊急事態宣言が1都3県に発出されました。
今回の内容は「限定的・集中的」な自粛で、対象地域の住民に対しては午後8時以降の不要不急の外出自粛。事業者(飲食店)については午後8時までの時短営業。また酒類の提供は午後7時までとする要請です。期間は8日から2月7日までの1か月間です。
宣言発出後要請に応じない店舗には知事が休業要請の「指示」を出せるようにし、また応じない店舗の店舗名公表もできるようになります。
要請に応じた店舗には1日最大6万円の協力金が支払われます。

会員様それぞれのお立場を考えれば、納得できない部分もありますが、なぜ「飲食」なのか? 感染リスクが高いのは「接触感染」よりも「飛まつ感染」だとされ、政府の分科会では、約6割いる感染経路不明者の多くは飲食店での感染という判断をしています。その為、飲食の場での会食を減らすと感染拡大を抑える効果が大きいと期待されている為です。

宣言発出を受けGSKといたしましては、会員の皆様に要請に対しご協力頂き、1日も早い収束を目指し、一丸となってこの難局を乗り越えていきたいと強く願っております。
営業を継続される場合は、GSK感染拡大防止ガイドライン、社交飲食業における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(全社連)等をもとに、感染防止対策を徹底して営業をしていただくよう切にお願い申し上げます。

≪参考≫
GSK感染拡大防止ガイドライン
https://gsk.tokyo/wp/wp-content/uploads/2020/06/gskguideline.pdf

全国社交飲食業生活衛生同業組合連合会ガイドライン
https://www.seiei.or.jp/chuoukai/images/set%20syakouinsyoku%20guideline%20bcp.pdf

ページトップに戻る